五番御引直衣立像 高さ48cm

初世川瀬猪山練頭 六世大木平蔵作 頭昭和20年代頃作
男雛着用の御引直衣(オヒキノウシ)は、平安時代にはそもそも天皇の普段着で、そのため纓(エイ)を巾子(コジ)に添って折り畳み、金箔を押した厚紙で留めてあります。これを御金巾子(オキンコジ)といいます。
頭は、初代川瀬猪山の五番練頭。京都頭師第一人者の系譜には、明治初頭から山下→面庄(十一世・十二世)→猪山(初代~三世)という流れがありますが、同じ番数でも猪山が最も大きく、面庄が一番小さいとか。この胴だと初代の頭では多少小さいのですが、貴重な頭であり後世に残すべく付け替えたのです。
この頭、探し出した時には健山かと思ったほどでしたが、それもそのはず健山は師匠である初代猪山の顔を忠実に受け継がれたのだそうです。二世猪山は父親である初代猪山の頭から離れた独自の頭作りを目指し、今も伝わる京雛の代表格としての面差しを完成させたのでした。

五番御引直衣立像
五番御引直衣立像
五番御引直衣立像
五番御引直衣立像
五番御引直衣立像
五番御引直衣立像
大きい画像で見る
ページトップへ

五番袿立像 高さ45cm

普段着の天皇でありますから、皇后の装束も簡易に袿・打衣・単にして、髪型も略式です。天皇の白小葵文の布地に比べ袿の布地(朱小葵文に浮線陵)に質の不足があっても、六世夫人のたっぷりとした仕立てに補われ、お気に入りの一品となりました。この立像の着付けには、随所に六世ならではの特徴が残されていて、ある意味いい加減かと思われるほど細部にこだわらないざっぱりした着付けなのですが、袴などとりわけ流れが自然で、決して品位を失わない大らかさはさすがと言うべきかと思います。

五番袿立像
五番袿立像
五番袿立像
五番袿立像
五番袿立像
五番袿立像
五番袿立像
大きい画像で見る
ページトップへ

四番享保雛 高さ40cm

二世川瀬猪山練頭 六世大木平蔵作 頭昭和44年頃作
頭は、二世猪山が大阪万博の際に吉川観方所蔵の享保雛頭を復元した時の型による練頭で、写実を踏まえた美しい輪郭が額の線等に如実に見る事が出来ます。純金糸の錦による装束や、五色に重ねた襟でも下品に流れず、端正な仕上がりです。天冠(テンガン)は手打ち・手彫りの贅沢なものですが、丸平さんにはこんな小道具でも五世時代の残りがいくつもあったため、惜しげもなく使っていたのです。面白いのは女雛の袴で、正面は縮緬(チリメン)を使いながら、後半身は羽二重なのです。いかにも昔の京都らしく、“しまつ”を目的にしてのこととか、今でも慣習としてその通りに制作しているとのお話でした。

四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
四番享保雛
大きい画像で見る
ページトップへ

六番古今雛(次郎左衛門雛) 高さ37cm

二世川瀬猪山練頭 六世大木平蔵作 頭昭和30年代作
男雛の袍は享保雛と同じ金襴です。もっともこれと同じ色柄である戦前の生地といったら、それこそほれぼれするような織物だったとか。女雛の金襴はこの雛にしか使われないため、延々と残り続けるそうです。女雛の袴は縮緬。頭は二世猪山による練頭で、耳の書き方に至るまで次郎左衛門雛の様式に則った名品です。唇など朱でぽつんと点で押されているように見えても、よく見ると上唇も下唇もその形が描かれているのです。このように何気なく苦労無しに描かれて見えるのが名人芸というものでしょう。

六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
六番古今雛(次郎左衛門雛)
大きい画像で見る
ページトップへ